• このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての引っ越しは”サカイ引越センター”にお願いしました

Sponsored Link
http://barnimages.com/
LINEで送る
Pocket

千葉県の流山市に引っ越したという話は先日書きましたが、その時の引っ越しについてもう少し書いてみたいと思います。

”引っ越しのサカイ”を利用

引っ越しのサカイといえば有名な会社ですから、ご存知の方がほとんどかと思います。

今回こちらを利用するに至った経緯は、ハウスパートナーでの不動産契約の際に紹介されてという形です。

見積もりに来てもらい、そのままお願いする運びとなりました。

料金は”53,488円”

やはり引っ越しにかかる費用はどうしても気になってしまうもの。今回かかった費用は「53,488円」でした。

プランは一番安価な”せつやくコース”で、定価ですと67,500円のようです。そこからハウスパートナーの紹介ということでの割引と、1ヶ月前の早割りという形で値引きが入り、この金額になりました。

単身者の引っ越しとしては、「安い!」と言いたくなるような金額ではないですよね。それでも今回サカイさんにお願いすることにした理由は、主に次の3つです。

1.相見積もりを取るのが面倒

よくネット上で、「引っ越し見積もりサービスで複数の業者から見積もりを取ったら、電話の嵐に見舞われた…」なんて話を目にしていましたから、ネットの相見積もりサービスは使うまいと心に決めていました。

この後何社かに個別に依頼し、見積もりを取ってから値引き交渉をすれば、もう少し安いコストで引っ越しをすることは不可能ではなかったかもしれません。

しかし、見積もりをお願いする業者の数が多くなるほど、見積もりにかかる時間は増えてしまいますし、その後の電話対応などでも時間を削られることになります。

そうすると、たとえ料金を安くすることができたとしても、結果として時間を浪費することになりかねないわけです。単身者の引っ越しですから、そこまで大きな値引き金額にもならないでしょう。

2.早期割引がちょうど1ヶ月前までだった

見積りに来てくれた営業さんの話によれば、1ヶ月前までの成約で早割りが効いて料金が安くなるとのことでした。

加えて、1ヶ月前くらいにはもう押さえておかないと、希望の日程で引っ越しできなくなる恐れがあるとのこと。

ちなみに見積りを取った日は1ヶ月前を3日ほど過ぎていましたが、今日決めてくれれば早割りを適用してくれるとのこと。まあ、この辺は営業トーク的なものも含まれているとは思いますけどね…

3.料金が高いからこそ安心できるのでは?

53,488円を”高い”と言っていいのかどうかはわかりませんが、それなりの料金を取っているからこそ提供できるサービスというのもあると思います。

下手に料金の安さだけを追い求めてサービスの悪い引っ越し業社に当たってしまうよりは、決して安くない料金でも安心して任せられる業社にお願いしたほうが良いでしょう。

まあ、ちょっと希望的観測な考え方な気はしますが、業界最大手ですし大丈夫だろうという気持ちはありました笑

実際のサービスはどうだったか?

結論から言ってしまえば、今回引サカイさんに引っ越しをお願いして良かったと思います。見積りから当日の引っ越しまでで不満な点はありませんでしたし、満足の行くサービスでした。

ダンボール、クラフトテープに布団袋は事前に送られてくるので、それらを使って事前に荷物を梱包しておきます。

引っ越しの経験が今までなかったので、パソコンやテレビなどの電化製品も自分で梱包しておかなければいけないのかなと思っていたのですが、電化製品などは当日スタッフの方が梱包してくれるそうで、自分でする必要がないとのことでした。

iMacMIDIキーボードなど、サイズの大きいものがいくつかあったので、これは助かりましたね。

引っ越しスタッフは3名体制でした。2人くらいかなと思っていたのですが、3人いるというのは心強いですね。当日は台風襲来の日と重なってしまい、大雨の中の引っ越しとなってしまったのが申し訳なかったですが…

搬出と搬入の時は、家具などがぶつかり家屋に傷がつかないよう、しっかりと養生してくれます。賃貸ですと部屋に傷がついたら敷金の返還額が少なくなることもあるでしょうから、重要なことですね。

iMacやギター、ベースなどの楽器類も全て運んでもらいましたが、破損や動作不良などは全くなし。

ちなみに本来は午後便での引っ越しになる予定だったのですが、前日に時間変更の打診があり、急遽午前便での引っ越しになりました。本来午前便は午後に比べると割高ですから、得をしましたね。

他に選択肢はあったか?

1年ほど前に引っ越しをした友人は赤帽を利用したらしく、かなり安かったみたいです。

ただ、スタッフはドライバー1人のみですから、こちらが荷物の積み下ろしなどを行うのが前提になってきます。

引っ越しの際に知人に手伝いを頼めるという場合でしたら、赤帽の利用もありかもしれませんね。実際、友人はそのようにしたみたいです。

まあ私の場合は比較的遠方への引っ越しでしたし、DTM関連の機材や電子ピアノなどがありましたので、赤帽での引っ越しは難しかったかと思います。

引っ越しは、人によって荷物の量も移動距離も全く異なってきますから、ケースバイケースということにはなってしまうのかもしれません。少なくとも今回の私のケースでは、サカイ引越センターの利用で満足の行く引っ越しができましたので、参考になりましたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

プロフィール

著者:田村 琢朗(Takuro Tamura/t.tam)

プロ志望の作編曲家です。現在はメジャーの楽曲コンペに参加しつつ、個人で楽曲制作のお仕事を承っています。今までの仕事はゲームの主題歌・BGM提供が中心。
著作権フリーでお使いいただけるBGM・歌モノ素材を配布しています。
楽曲制作のお問い合わせはこちらからお願いします。

さらに詳しいプロフィールはこちら
楽曲制作のご依頼はこちら
今までのお仕事情報
制作環境


Instagram

フリーBGM素材

■DOVA-SYNDROME
DOVA-SYNDROME


■ニコニ・コモンズ
ニコニ・コモンズ


歌モノ・BGM・ジングルなどの音楽素材をライセンスフリーで公開しています。

Audiostock

一部の楽曲素材はオーディオストックにて販売しています。
フリー公開しているものより高品質なものをご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

カテゴリー

Sponsored Link

Facebookページ

Twitter