• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨークでオススメのホステル|Hostelling International New York

2016.02.22

ニューヨークでオススメのホステル|Hostelling International New York はコメントを受け付けていません。

Sponsored Link
ブロードウェイ
LINEで送る
Pocket

ニューヨークに行くならオススメのホステル

(*アイキャッチの画像はブロードウェイなので、このホステルの場所とは関係ありません)

2015年の11月末にニューヨークに行ったのですが、その時泊まったホステル「Hostelling International New York」(HIホステルNYC)が良かったので、ニューヨークに行かれるのであれば、ぜひそちらをオススメしたいです。

まあ、とは言ってもニューヨークではここの他にもう1件しか泊まっていないので、他のホステルなどと比較した上での評価ではないのですが、それでもこちらを選べば少なくともハズレは引かないよ、ということで。

あと、ホステルなので当然ですがドミトリールームです。見知らぬ他人と一緒に寝るのはムリ、という方はさすがに厳しいでしょうね。

アクセスが地下鉄駅の「103rd Street」から徒歩5分と少しなのは嬉しいところ。しかも103rd Streetはターミナル駅のPenn Stationから地下鉄1本で15分程度で行けます。

気になるお値段は?

この記事を書いている2016年2月22日現在で、1泊35USD〜となっています。私が行ったときは運の悪いことに、円安ピークの1USD=124円(泣)レートだったので、5000円オーバーでしたが、今は1USD=113円くらいなので、4000円で泊まれます。

さて、ドミトリールームで1泊4000円、普通に考えれば高いんですよね。でも、これは物価の高いニューヨークでは、決して高い水準ではないんです。

Booking.comで検索していただければわかるかと思いますが、これより安いクラスのホステルがそもそもないです。あったとしても、なんだか微妙な雰囲気のものだけ。

このホステルのあとに泊まった、激狭のシングルルームのホテルでさえ1万2000円ほどしました。東京も物価は高いほうだと思いますが、ニューヨークはそれ以上なんです。

というわけで、宿泊価格は相場から見てもそれほど高くない、ということはおわかりいただけたかと思います。

夜はよく眠れます

ホステルでありがちなトラブルとして、同室の人が夜だというのにうるさくて眠れないというものがあります。しかし、ここではそのような心配は必要ありませんでした。

22時の消灯時間は厳格に守られているので、夜は心地よく眠ることができます。共有スペースがかなり充実しているので、まだ遊び足りない人はそっちに行ってくれるんですよね。

ミュージカルを見終わってから帰ってきた時は、むしろなるべく音を立てないよう気を使ったくらいです。なので翌日からは着替えなどを準備してから、観光に出かけていました。

セキュリティは?

まずフロントにはスタッフが常駐していますし、エントランスはカードキーで開閉するので、宿泊者以外が中に入ることはできません。

これは各寝室も同様で、部屋の入り口はカードキーを使って開閉します。なので、別の部屋に宿泊している人が部屋の中に入ってくることもありません。

各ベッドにはロッカーが一つづつ割り当てられます。注意しておきたいのが、鍵は自前で用意しないと施錠することができません。一応鍵のレンタルもあったみたいですが、持参したほうがよいでしょう。100均のものは耐久性に不安がありますので、オススメできないです。

ロッカーがあるおかげで、1人でも安心してシャワーやトイレに行くことができます。

シャワー・トイレは清潔

シャワーやトイレに限ったことではないのですが、全体的に清掃が行き届いていて清潔な印象でした。汚れが気になるという人でも安心して宿泊できるでしょう。

併設のカフェが便利

1階の共有スペースにはカフェがあり、飲食が可能です。ちなみに寝室は飲食が禁止されています。

滞在中このカフェには随分お世話になりました。まず、朝食は毎日ここで食べていましたね。サンドイッチ・ハンバーガーから、ベーグルを楽しむことができます。ベーコン&エッグをはさんだベーグルは絶品でしたね。

一度間違えてベーグルを二つ買ってしまったのですが、美味しかったので両方とも食べられました(笑)朝の時間帯はかなり混雑しますので、朝食を食べるなら早めに行ったほうが良いです。

ありがたいのは、夜遅くでも利用できるということ。24時過ぎでもやってたので、もしかすると24時間営業?

この滞在中は観光にミュージカル鑑賞にとかなり忙しく、正直ゆっくりと夕食を食べている暇がありませんでした。なので、いつも帰ってからここのカフェで食べていましたね。出来合いのサンドイッチもオーブンで焼いてくれているので、出来立てのような感覚が楽しめます。

あと、アメリカなので当たり前かもしれませんが、クレカ払いができます。

と、こんな感じにほぼべた褒めの記事になってしまいましたが、本当に泊まっていて不満がなかったというわけです。ニューヨーク旅行をリーズナブルに済ませたいという場合は、こちらのHostelling International New Yorkへの宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

プロフィール

著者:田村 琢朗(Takuro Tamura/t.tam)

プロ志望の作編曲家です。現在はメジャーの楽曲コンペに参加しつつ、個人で楽曲制作のお仕事を承っています。今までの仕事はゲームの主題歌・BGM提供が中心。
著作権フリーでお使いいただけるBGM・歌モノ素材を配布しています。
楽曲制作のお問い合わせはこちらからお願いします。

さらに詳しいプロフィールはこちら
楽曲制作のご依頼はこちら
今までのお仕事情報
制作環境


Instagram

フリーBGM素材

■DOVA-SYNDROME
DOVA-SYNDROME


■ニコニ・コモンズ
ニコニ・コモンズ


歌モノ・BGM・ジングルなどの音楽素材をライセンスフリーで公開しています。

Audiostock

一部の楽曲素材はオーディオストックにて販売しています。
フリー公開しているものより高品質なものをご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

カテゴリー

Sponsored Link

Facebookページ

Twitter