価格を忘れるほど満足できるクオリティ、スマホをhuaweiのNova lite 2に替えました

Sponsored Link

4年間使ったXperia Z3が故障

基本的にスマホは使っていて困ることが無い限りは買い替えない主義なので、4年前に買ったXperia Z3を使い続けていました。

しかし、それもついに使えなくなってしまったのでスマホの買い替えを決意。

ちなみに故障の症状は、タッチパネルの一部が反応しなくなり、徐々に反応しない範囲が広がってくるというもの。買い替え前日にはマウスを使って操作していました。

バッテリーの持ちはまだまだ良好だったので、惜しかったですね。

huaweiのNova lite 2を買いました

前々から次にスマホを買うときは、huaweiの安い端末を買おうと思っていた。その予定どおり、huaweiのNova lite 2を選択。

3色あるうちのブルーを購入。今はMVNOを使っているので、端末をamazonで注文してsimカードを入れ替えるだけなので、機種変更も楽です。

買った時は2万3000円くらいでしたが、今この記事を書いている時点では2万2000円を切っていますね。

箱はかなりシンプルな感じです。画面サイスは今まで使っていたXperia Z3よりも大きいですね。

本体の左に写っているケースは、買ったものではなく本体に付属してきたものです。加えて本体には最初から保護フィルムが貼ってあります。

保護フィルムを貼るのってコツがいりますから、最初から貼ってあるというのはいいですね。

ケースは別のものを買ってあったので、そちらを使っています。


個人的にはスマホの元のデザインが見えるのが好きなので、シリコン製のクリアケースを買いました。

スポンサーリンク


Phone Cloneを使ったデータの移行が便利

前に使っていた端末が使用可能であることが前提にはなりますが、Phone Cloneというデータ移行のためのアプリがプリインストールされています。

ガイダンスに従って操作するだけで、wifiを経由して前のスマホからデータを簡単に移すことができます。

データやアプリの移行は時間がかかるかなと思っていたので、Phone Cloneの存在はありがたかったですね。

端末価格の安さを感じさせない使用感

1ヶ月ほど使ってみた感覚としては、価格が安いから何か不満点があるといったことはなく、快適に使えています。

本体裏に指紋センサーが付いているので、ロック解除をワンタッチでできるのがとても快適です。

カメラについてはあまり写真を撮らないので、まだ機能を探り切れていないのですが、ダブルレンズを生かした機能などもあるようです。この辺も低価格とは思えないクオリティ。

ゲームなんかは快適に動くのか気になったので、「あいりすミスティリア」を入れてみたのですが、問題なく遊べました。

将棋アプリはCPUの思考に時間がかかった

唯一気になったのが、以前から遊んでした金沢将棋のアプリをNova lite 2にも入れてみたのですが、CPUの思考時間がXperiaを使っていた時と比べて明らかに長くなっていました。

指し手の選択には影響はなさそうですが、若干遊びにくさを感じてしまいますね。

今のところ金沢将棋以外のアプリでは、動作が重くなったりということは確認していないです。

スペックやブランドにこだわりがないならオススメの1台

僕は特にiPhoneが好きというわけでもないですし(Macユーザーですが)、カメラなどのスペックにもこだわりがないので、価格重視でNova lite 2を選んで良かったと思いました。

正直、スマホに10万近い出費をする余裕もないので、安価で使いやすいスマホが出ているのはありがたいですね。

スマホに強いこだわりがなければ、買っていい1台だと思います。

simカードはocnモバイルoneを使っています

Nova lite 2は当然simフリーなので、当然どのキャリアのsimカードを入れても使えます。

ちなみに僕は2年ほど前からMVNO、いわゆる格安simのOCNモバイルONEを使っています。

1日/110MBバイトのコースで、月1,800円くらいですね。ソシャゲとかはやらないので、これで普通に十分です。

もう少しデータを使いたいという場合は、プラス600円程度で6GB/月のコースにできます。

ちなみにOCNモバイルONEではNova lite 2を始めとしたスマホ本体とSIMカードのセットを販売しているようで、OCNモバイルONEのSIMを契約すれば端末本体が通常より安く手に入ります。

OCNモバイルONE/OCN光

現在3キャリアを使っているという方は、これを機に格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

Sponsored Link

サイト内検索

プロフィール

著者:田村 琢朗(Takuro Tamura/t.tam)

作編曲家です。綾野ましろ6thシングル「starry」(TVアニメ”グランクレスト戦記”OPテーマ)表題曲作曲で作家デビュー。現在はメジャーの楽曲コンペに参加しつつ、個人で楽曲制作のお仕事を承っています。
フリーでお使いいただけるBGM・歌モノ素材を配布しています。
楽曲制作のお問い合わせはこちらからお願いします。

さらに詳しいプロフィールはこちら
楽曲サンプルはこちら
今までのお仕事情報
制作環境


Instagram

カテゴリー

Audiostock

一部の楽曲素材はオーディオストックにて販売しています。
フリー公開しているものより高品質なものをご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

フリーBGM素材

■DOVA-SYNDROME
DOVA-SYNDROME


■ニコニ・コモンズ
ニコニ・コモンズ


歌モノ・BGM・ジングルなどの音楽素材をライセンスフリーで公開しています。
Sponsored Link

Twitter