名刺を作ってみたら、意外と安く簡単に作れました

Sponsored Link

名刺を作ってみました

最初のメジャー提供作品が世の中に出てくれたことですし、これを機にと思い名刺を作ることにしました。音楽を仕事にしていこうと思えば、どのみち必要なものですからね。

最近だと、こおろぎさんもブログで名刺のことについて書いていましたね。この記事を読んだのはすでに名刺を注文した後だったのですが、なおのこと作っておいてよかったと思います。

フリーのテンプレートをカスタマイズして作成

名刺の印刷を取り扱っているほとんどの業者は、名刺のテンプレートを用意してくれています。なので、そこに自分の名前などの情報を打ち込めば、簡単に名刺ができます。

ただ、ほとんどは一般的なビジネス向けのテンプレが多く、クリエイター向けの個性的なものもありましたが、これだというものが見つからず。

自分でデザインをするのは時間がかかりますし、微妙なものに仕上がってしまいそうです。

なので取った手段は、フリーの名刺テンプレートを編集して自分の名刺をつくるというもの。テンプレートはこちらのサイトで探しました。

選んだのは、10 Free Business Card Mockups PSDsの中の一つ。

名刺テンプレート

これを手持ちのPhotoshop Elementsで編集して、自分用の名刺を作ります。最終的に出来上がったのがこちら。

名刺テンプレート02

本来だったら文字の部分をそのまま打ち替えれば良いのですが、手持ちのPhotoshopのバージョンが古過ぎたため、グループレイヤーを開けず。仕方がないので文字の部分を削除してから、新たにレイヤーを作成して名前などを打ち込みました。

印刷会社は”ラクスル”にお願いしました

今回名刺の印刷をお願いしたのは、ラクスルという会社です。


名刺のテンプレートも豊富に取り揃えているところなので、手っ取り早く名刺を作りたければテンプレを使って名刺を作るのもアリだと思います。

ラクスル _印刷価格

印刷にかかる費用はこんな感じで、部数と日数によって変動する形になっています。今回は急ぎでなかったので、100部の名刺を7営業日後に注文。

合計金額は、”463円+メール便送料190円+消費税=705円”と、わずか1000円足らずで名刺を100部作成することができました。

流れとしては、まず部数と営業日数をを選び商品を購入。購入後にマイページからデータを入稿するという感じになります。作成したデータをpdf化してアップロードするだけなので、入稿は簡単です。

その後、データチェック用のデータがメールで送られてくるので、問題なければ承認します。ここでデータ差し替えを行う場合は500円の別料金がかかってしまうので、注意が必要です。

完成品はこんな感じに

biscard01

仕上がりはこんな感じになりました。もう少し文字が大きくてもよかったかもしれないですね。事前に印刷して確認しなかったので、これは次回に生かしたいと思います。

今回は裏面は白紙で作っています。いずれ提供実績が増えてきたら、裏面に提供実績を入れたものを作ってみようかなと考えています。

名刺作成はそれほど手間がかかるものではありませんし、費用もかなり安く済ませることができます。プロ志向かどうかに関係なく、創作活動などをしている方は名刺作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

Sponsored Link

サイト内検索

プロフィール

著者:田村 琢朗(Takuro Tamura/t.tam)

作編曲家です。綾野ましろ6thシングル「starry」(TVアニメ”グランクレスト戦記”OPテーマ)表題曲作曲で作家デビュー。現在はメジャーの楽曲コンペに参加しつつ、個人で楽曲制作のお仕事を承っています。
フリーでお使いいただけるBGM・歌モノ素材を配布しています。
楽曲制作のお問い合わせはこちらからお願いします。

さらに詳しいプロフィールはこちら
楽曲サンプルはこちら
今までのお仕事情報
制作環境


Instagram

カテゴリー

Audiostock

一部の楽曲素材はオーディオストックにて販売しています。
フリー公開しているものより高品質なものをご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

フリーBGM素材

■DOVA-SYNDROME
DOVA-SYNDROME


■ニコニ・コモンズ
ニコニ・コモンズ


歌モノ・BGM・ジングルなどの音楽素材をライセンスフリーで公開しています。
Sponsored Link

Twitter