手軽かつ効果的にドラムの処理ができるプラグイン「CLA-Drums」レビュー

Sponsored Link

最近ミックスでよく使うプラグインの1つが、ドラム処理を簡単に行える「CLA-Drums」です。

今回は、そのCLA-Drumsをレビューしてみたいと思います。

CLA-Drums

CLA-DrumsはエンジニアのChris Lord-Alge氏の協力を得て作られた、CLA Signatureシリーズの1つです。

発売元はWavesで、Drumsの他には「Bass, Effects, Guitars, Unplugged, Vocals」の5種類があります。

単品でも買えますが、6種類セットで買ったほうが価格的にはお得な仕様になっています。

パラメータがシンプルで、プリセットも充実

ノブで入力ソースの種類を指定

まず、このCLA-Drumsの肝となるのが、左上に設置されているノブ。ここでエフェクトの対象となるトラックの種類を指定します。

ちなみに今回このレビューを書こうと思い、ユーザーガイドを読んでみて初めて知ったのですが、”COWBELL”がハイハットやシンバル向けのパラメータになっているようです。知りませんでした…。

ちなみに”OH”は、オーバーヘッド(Over Head)マイクのこと。

5つのフェーダーでエフェクトを調整

中央に配置されている5つのフェーダーを調節して、エフェクトのかかり具合を調節します。

フェーダーの上にある矢印のスイッチを押すと、エフェクトのタイプを3種類から切り替えることができます。バイパスにすることも可能。

やはりプリセットが優秀なので、良い感じのプリセットを選んでから、エフェクト量を調節していく方が簡単かなと思います。

実際にCLA-Drumsで処理したドラムトラックを用意しました

結局のところ一番気になるのは、どんな感じの音に仕上がるのかということだと思うので、実際にCLA-Drumsを使って処理したドラムトラックの音を聴いてみてください。

まずは、エフェクト未処理のトラックから。使っている音源は、Superior Drummer 2.0です。

次が、CLA-Drumsでエフェクト処理を施したトラック。EQのローカットと、音圧を持ち上げるためにリミッターを掛けていますが、それ以外は全てCLA-Drumsのみを使って音作りをしています。

プリセットを選んでパラメータを少しいじったのみですが、カッコ良いドラムトラックが仕上がりました。

ドラムの音作りに悩んでいるなら、このCLA-Drumsを導入してみると良い結果が得られるかもしれません。

こちらのリンクを経由してプラグインを購入していただくと、価格が10%割引になりますので、ぜひ利用してみてください。

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

Sponsored Link

サイト内検索

プロフィール

著者:田村 琢朗(Takuro Tamura/t.tam)

作編曲家です。綾野ましろ6thシングル「starry」(TVアニメ”グランクレスト戦記”OPテーマ)表題曲作曲で作家デビュー。現在はメジャーの楽曲コンペに参加しつつ、個人で楽曲制作のお仕事を承っています。
フリーでお使いいただけるBGM・歌モノ素材を配布しています。
楽曲制作のお問い合わせはこちらからお願いします。

さらに詳しいプロフィールはこちら
楽曲サンプルはこちら
今までのお仕事情報
制作環境


Instagram

カテゴリー

Audiostock

一部の楽曲素材はオーディオストックにて販売しています。
フリー公開しているものより高品質なものをご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

フリーBGM素材

■DOVA-SYNDROME
DOVA-SYNDROME


■ニコニ・コモンズ
ニコニ・コモンズ


歌モノ・BGM・ジングルなどの音楽素材をライセンスフリーで公開しています。
Sponsored Link

Twitter